お客様の住み心地感想 お客様の声が、笑顔が、住み心地を証言しています。

涼温換気が快適空間を提供し、且つ省エネ性が高いことが証明されました

次のご家族へボタン

新換気から涼温換気へリフォーム!さらに快適になりました。

新換気から涼温換気へリフォーム!
Q1涼温換気リフォーム後の住み心地はいかがですか?
夏の住み心地

ある夏の日のことです。涼温換気エアコンの温度設定は、27℃にしています。節電設定については、朝7時から夜11時は40%に、夜11時から翌朝7時は、外気温が高い場合の冷房能力不足防止のために70%としています。この設定で、室内温度は26℃後半から27℃台、相対湿度は、約50%です。猛暑日が続いた時には、陽当りの良い立地のために、部屋によっては28℃位になることがありましたが、絶対湿度が低く保たれていたので、体感的には不快感を感じることなく過ごすことが出来ました。

涼温換気の素晴らしいところは、エアコンの風量及び温度一定制御を上手く利用して、エネルギー伝達媒体としては効率の良くない空気の欠点を風量一定により補い、空気をエネルギー伝達媒体として働かせているところです。また、自動制御の要素として重要なプロセス値(室温)を、壁掛型エアコンの様にエアコンの吹き出しに干渉されること無く(熱的に絶縁されている)取り込むことが出来ているのも涼温換気の成功要因です。

冬の住み心地

終日外気温が非常に低かったにも関わらず室温の最低が18℃程度であったことは、涼温換気の合理性及びその性能の素晴らしさを証明していると思います。

特に1階の暖かさは、1階のクレダを2台使っていた時を凌ぐ暖かさになり、著しく快適さが改善されました。1階から3階の室内温度は、ほとんど差が無い状態でした。

涼と温が欲しい時に手に入るのがうれしいですね!

 

電力消費量については、東電提供資料による同じ契約の世帯平均値よりも我が家の場合は、100kWhも少ないエネルギー消費で、暑い日が続く中でも快適な生活を送ることが出来ました。

 

家全体の室温を均一にしてくれる涼温換気へのリフォームにより、昨年まで真夏の猛暑日には得られなかった快適さが得られ、それを維持することが出来ています。涼温換気が快適空間を提供し、且つ省エネ運転を行うことが出来ることが証明されました。

大満足の住まいになりました!!

涼温換気は、必要な時に、必要とする熱エネルギーを、必要な時間だけ供給出来るので、春先の天気のように急に冬に逆戻りした様なお天気になってもクレダの運転と違って柔軟に対応出来るので大変助かります。

涼温換気は、室内環境の改善はもとより、冬場においても著しい省エネ効果をもたらすことが実証されました。電気料金的には、18.5%の節約が単純に期待出来る計算になります。

 

取材協力どうもありがとうございました。

次のご家族へボタン

▲ページの先頭へ